金星の太陽面経過について(2012年6月6日)

 金星の太陽面経過について、起こる時刻や見え方などの解説です。

金星の太陽面経過について

 金星の太陽面経過()は、太陽と地球の間に金星が入りこみ、地球から見たときに金星が太陽面上を移動していくように見られる現象です。2012年6月6日にこの現象が起こり、日本全国で始まりから終わりまで見ることができます。金星の太陽面経過は、前回2004年6月8日に起こっており、今回はそれ以来8年ぶりとなります。
 金星は、地球と同じ「惑星」の仲間で、太陽の光を反射して輝いています。夕方や明け方にとても明るく輝いて見られ、「宵(よい)の明星」や「明けの明星」と呼ばれます。しかし、地球から見て太陽の手前にあるときには、太陽光の当たっていない影の部分が見られます。このため、太陽面経過では、太陽面上を黒くて丸い点が移動していくように観察されます。

注:「太陽面経過」は、「日面経過」「日面通過」「太陽面通過」とも呼ばれます。

金星の太陽面経過のようすの図

金星の太陽面経過のようす

※予報時刻は、科学館付近におけるものですが、市内では大きくずれても1秒程度です。

川崎市内での様子

開始は早朝

 金星が太陽面にさしかかる第一接触は、7時10分54秒です。その後、金星は太陽面の内側へと移動していきます。太陽の縁の内側にすっぽりと入りこむ第二接触は、およそ18分後の7時28分30秒です。

現象は6時間以上

 金星が太陽の内側に入りこんだ後は、徐々に中心の近くへと移動していきます。金星が太陽面の最も内側に入りこむ最小角距離は、10時29分39秒です。
 これ以降、金星は少しずつ外側へと移動していきます。そして、13時30分00秒に、再び太陽面の縁にさしかかります(第三接触)。そしておよそ17分後の13時47分26秒に、金星が太陽面から完全に離れ、今回の太陽面経過現象が終わります。

当日見え方の図

当日の見え方


ページのはじめにもどる