金環日食について(2012年5月21日)

 金環日食のしくみや、起こる時刻、川崎での見え方などの解説です。

日食について

 日食は、太陽と地球の間に月が入りこみ、地球から見た太陽が月にかくされ、まるで欠けてしまったかのように見える現象です。太陽面の内側に月がすっぽりと入りこむと、かくした月のまわりで太陽の光が丸い環(わ)のように見えるため、金環日食と呼ばれます。

金環日食のしくみの図

金環日食のしくみ

 金環日食は、月の影が通る長細い地域でしか見られないめずらしい現象です。今回は、九州・四国・近畿・中部・関東・東北の各地方の一部の地域で見ることができます。川崎市は、全域が金環日食の見える範囲内に入っています。
 金環日食が見える範囲の外側の地域でも、日本全国で部分日食が見られます。

金環日食の見える範囲

金環日食の見える範囲

川崎市内での日食の様子

日食開始は早朝

 川崎市では、日食は早朝の6時19分頃に始まります。しばらくは部分日食の状態が続きますが、月は少しずつ太陽の内側に入りこみ、太陽の欠け具合が少しずつ増えていきます。

リングがつながる瞬間に注目

 やがて、太陽の両方の縁が伸びていくようになり、リングとなってつながります。金環日食の始まりです。科学館付近()では、7時31分50秒と予報されています。

かたよりのない、まるいリングに

 月が太陽の内側に最も入りこむのは(食の最大)、7時34分17秒です。川崎市内は、金環日食の中心線が通っていますので、ほとんどかたよりのない、本当の丸い環のように見えるでしょう。
 金環日食が始まってから4分54秒後の7時36分44秒に、月が太陽の縁に再びかかり、環が途切れて金環日食が終了します。

日食終了は9時過ぎ

 その後、しばらくの間部分日食が続いた後、9時2分には月が太陽から離れて、日食が完全に終了します。

注:文中の金環日食の予報時刻は、科学館付近におけるものです。市内では、場所によって数秒~十数秒ずれることが予想されます。

当日の日食の見え方

当日の日食の見え方

見る場所についての注意

 日食が起こるときの太陽は、東のやや低い空にあります。この方向に高いビルや木などがあると、観察の邪魔となってしまいます。東の方向がひらけた場所で観察しましょう。
 また、通勤や通学の途中に、道路の脇などで見るのは危険です。安全に見られる場所を前もって確認したり、安全に見られる方法を相談したりしておきましょう。

日食の予報時刻

 川崎市内のおもな場所での予報時刻です。川崎市内の他の場所で見る場合には、数秒から十数秒異なることが予想されますが、観察の際の参考にしてください(現在は、科学館付近と市役所付近の2地点について掲載しています)。

表:日食の予報時刻

現象科学館付近
(多摩区)
市役所付近
(川崎区)
部分日食開始 6時18分56秒 6時18分49秒
金環日食開始 7時31分50秒 7時31分47秒
食の最大 7時34分17秒 7時34分15秒
金環日食終了 7時36分44秒 7時36分42秒
部分日食終了 9時02分15秒 9時02分20秒
金環日食
継続時間
4分54秒 4分55秒

 ※予報時刻は、国立天文台 相馬 充さん提供。月探査機「かぐや」が観測した月の縁のデータなどを考慮した最新の予報時刻です。このため、他のウェブなどで提供(計算)される予報時刻とは異なる場合があります。


ページのはじめにもどる