移動天文車『アストロカー』

 かわさき宙と緑の科学館にアストロカー(移動天文車)が導入されました!
アストロカーには、望遠鏡や大型ディスプレイなどが備えられており、さまざまな場所で天体観測をすることができます。

今後、市内の学校や自治会による天体観測会やイベントに出向く予定です。

 ※クリックすると写真が変わります(現在2種類)→

アストロカーを呼ぼう!『かわさき星空ウォッチング』

 「かわさき星空ウォッチング」では、アストロカーで望遠鏡や双眼鏡を会場まで運び、宵宙の星座・月・惑星などを観察しながら、職員が解説をおこないます。アストロカーは観察会場で舞台を展開することができます。お申込についてはコチラをご覧下さい。

★望遠鏡 3台
・15cm屈折望遠鏡 1台
・20cm反射望遠鏡 2台
★大型ディスプレイモニター(80インチ)搭載





アストロカー導入にあたり、
 望遠鏡 :: 横浜国立大学教育人間科学部附属高度理科教員養成センター
 外装 :: 川崎市立川崎総合科学高等学校デザイン科
 資金 :: 宝くじ協会
のご協力をいただきました。

ページのはじめにもどる